五常の教えの始祖
 

- Founders -

孔子

- こうし -
 

B.C. 552 〜479

春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。人が身につけるべき最高の徳を「仁」とし、その教えを広めた。

過ちて改めざる、是れを過ちと謂う

孔子がおっしゃった。
「過ちを犯してしまって、それをそのままにして改めないのが、それこそ、本当の過ちというものだ。」

“「仁」を広める

顔回

- かんがい -

B.C. 521 〜481

魯の人。孔門十哲の一人で、随一の秀才。孔子の最高位の弟子として、孔子の問答を通じて「仁」の思想の構築に貢献した。

“「仁」の構築に貢献”

孟子

- もうし -

B.C. 521 〜481

戦国時代中国の儒学者。性善説を主張し、仁義による王道政治を目指し、孔子の「仁」の教えに「義礼智」を加え、孔子の教えを発展させた。

“「義礼智」を加えた”

董 仲舒

- とうちゅうじょ -

B.C. 521 〜481

中国前漢時代の儒学者、「春秋」学者。儒家の思想を国家教学とすることを献策した人物。「仁義礼智」に「信」を加え五常の教えを完成させた。

“「信」を加えた”